大阪の美容外科で人気の施術

脂肪吸引を実施すれば理想的なスタイルを実現することができます
注射を使った脂肪吸引はとても便利です
施術を受ける場合は信頼できる医師と施術資金を用意しましょう

切らない脂肪吸引「脂肪溶解注射」について

脂肪溶解注射を実施する際は十分な効果を発揮するために、どういった場所に施術を実施してもらえば良いかを理解しなければなりません。ここでは脂肪溶解注射の基礎知識や、施術を受ける際に注意すべき点を紹介します。

脂肪溶解注射の効果が現れやすい部位

  • 顔全体と顎の下部分
  • 二の腕
  • お腹
  • 太ももの内側と外側
  • 胸や背中
  • お尻
  • ふくらはぎ

脂肪溶解注射は一般的にどの場所にも利用することが可能であり、それぞれが気にしている場所を効果的に痩せさせることができます。特に効果が現れやすいのは顔や二の腕、お腹部分となっています。 最近ではBNLS注射のように新しい注射が登場しており、不用な脂肪をしっかりと取り除くことが可能です。

BNSL注射ってなに?


BNSL注射にはどういう効果がありますか?
BNSL注射は大阪の美容外科などで取り扱いされている施術であり、植物から抽出した成分を使った脂肪溶解注射です。脂肪の分解だけでなく肌の引き締め、リンパ循環作用といった効果も同時に発揮することができます。一般の脂肪溶解注射は施術を行なってから効果を発揮するまで時間がかかりますが、BNSL注射は施術してから短時間で効果を体感することが可能です。血流やリンパの流れを改善することで老廃物の排出を促し、短期間でスタイルを改善するのに最適です。

脂肪溶解注射は数回の施術が必要になる

脂肪溶解注射は何度か施術を繰り返し受ける必要があるため、施術を受ける場合は定期的に通院をしなければいけません。注射の量を増やせば通院回数を減らすことができますが、増やせる注射の量には制限があります。

効果がでない3つの原因

薬剤の注入量が不足している
脂肪溶解注射を受けても脂肪が減らない場合は、注射してもらった薬液の量が少ない可能性が高いです。施術に使用される薬剤は医師が施術目的に合わせて量を調整しており、事前に目標サイズや予算を伝えておけばそれに合わせて薬剤の量を調整してもらうことができます。施術前にしっかりと目標サイズや予算を伝えていなかったりすると、薬剤の量が少なくなり十分な効果を発揮することができません。脂肪溶解注射を利用する際は、医師とのカウンセリングがとても重要です。
施術後の水分補給が不足している
体内で分解された脂肪を外へと排出するには、適度に水分補給を行なって巣分代謝をアップさせる必要があります。脂肪溶解注射を実施した後に水分をほとんど摂取しないでいると、排出される薬液の量が減ってしまい施術効果を発揮ことができません。美容外科で施術を受けた後はきちんと水分摂取を行なうようにし、どんどん薬液を排出することがとても大切です。また水分を摂取する際はジュースなどの糖分を含んだ飲み物で摂取しないように気を付けましょう。
施術後のマッサージが不足している
ほとんどの美容外科では脂肪溶解注射を実施した後、マッサージを行なうことで薬液が全体へと拡散するように対処します。しかし施術料金の安い施設では施術後のマッサージが別料金となっていることが多いため、治療を受けた後は自分でマッサージを行なっておくことが必要です。マッサージを実施しておかないと注入した薬剤が一か所にとどまってしまい、しこりのように固まる可能性があります。施術後はきちんとマッサージを実施しておきましょう。

脂肪溶解注射が受けられない人

注射

脂肪溶解注射は安全性が高い施術として多くの女性に利用されていますが、アレルギー体質を持つ方は施術を受けることができません。そのため施術を受ける際は事前に検査を受けて体質をチェックし、施術を行なっても身体に異変が発生しないかどうかを確認しておく必要があります。また妊婦の方や糖尿病などの疾患を持っている方、大豆アレルギーの方も施術を受けることはできないので要注意です。まずは大阪の美容外科に相談をしてみましょう。

豊胸するなら断然切らない方法

豊胸手術にはいろいろな施術が存在していますが、施術を受ける女性の多くはヒアルロン酸注入や脂肪注入などの施術を利用しています。まずはこれらの施術がどういった女性から人気を集めているのかを確認してみましょう。

豊胸も切らない方法がおすすめ

一昔前までの豊胸手術はメスなどの器具を使うことが一般的であり、施術に抵抗を感じる女性が多く存在していました。しかし現在は切らない豊胸手術が主流に実施されており、どの女性も気軽に豊胸手術を受けることが可能です。大阪には名医の存在する美容外科が存在しているため、安心して施術を受けることができます。中でも多くの病院で取り扱いされているのはヒアルロン酸注射で、短期間ですぐに胸のサイズをアップさせることができるとして多くの女性に好評です。脂肪注入は身体への影響が少ないので、施術後にトラブルが発生することもありません。

2つの切らない豊胸方法はどんな人に向いている?

ヒアルロン酸注入に向いている人
自分のイメージした形に合わせて胸のサイズや形を変化させたい方は、ヒアルロン酸注入を利用するのが最適です。ヒアルロン酸を少しずつ注入することができるため、他人に気づかれずに胸を大きくすることができます。出産時の授乳によって胸が小さくなった方や、左右の胸を同じ大きさへと調整したい方に最適な施術です。ヒアルロン酸注入はメスなどの器具を一切使わないため、身体に負担をかけたり施術後に傷跡が残ってしまうことはありません。
脂肪注入に向いている人
脂肪注入はシリコンや生理食塩水の入ったバッグに比べて触感がナチュラルであり、形も自然であるので手術を受けても豊胸がばれることはありません。身体から摂取した脂肪を有効活用することができるため、脂肪吸引を行ないながら豊胸手術も受けたい方に最適です。ヒアルロン酸注入の施術を受けた後は定期的に施術を繰り返し受ける必要がありますが、脂肪注入の場合は必要ありません。注入した脂肪は長期間持続するため、施術費用の節約にも役立ちます。
TOPボタン